「近江牛」の生産性の効率化 ~血中ビタミンAコントロール方法の検討~

「近江牛」の生産性の効率化 ~血中ビタミンAコントロール方法の検討~

県名滋賀県
研究機関名滋賀県畜産技術振興センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H28~30
年度2018
概要目的:血中ビタミンA濃度の低下は脂肪交雑を高めるが増体の低下要因にもなる。導入時の素牛の発育状態や血中ビタミンA濃度に合わせたビタミンAコントロール方法を検討する。
成果:素牛導入時からのビタミンA濃度を低く推移させるた場合、枝肉成績において皮下脂肪が薄く、歩留り基準値が高い結果となり。導入時からのビタミンA濃度を低く推移させることの有効性が示唆された。
研究分担近江牛係
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030256902
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat