加工用キャベツの長期安定出荷技術の確立 (1)4~5月収穫が可能な品種の選定、栽培技術を検討する。さらに越冬技術を確立する。

加工用キャベツの長期安定出荷技術の確立 (1)4~5月収穫が可能な品種の選定、栽培技術を検討する。さらに越冬技術を確立する。

県名京都府
研究機関名京都府農林水産技術センター(農林センター)
課題種別試験研究課題
研究期間29~31
年度2018
概要丹後の開発農地で導入が進みつつある加工用キャベツについて、実需から要望の強い4~5月収穫及び10月収穫の作期拡大のための品種選定、省力安定供給のための技術開発を行う。
研究分担丹後特産部
予算区分府費
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030256998
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat