生物モニタリング調査(海域G資源・海域等調査・研究・監視業務)

生物モニタリング調査(海域G資源・海域等調査・研究・監視業務)

県名大阪府
研究機関名地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H2~
年度2018
概要大阪湾の長期的な環境変動を把握するため、平成2年より継続実施してきた事業で、藻場と底生生物の消長を指標としている。藻場は湾南部に1定点を設定し、生育種類、生育面積、植生被度などを繁茂期に行っている。また、底生生物は9定点において、5月と10月に、出現種類や現存量のほか、粒度組成や全硫化物、CODなどの底質を測定している。近年は埋め立て土砂採取跡の深堀についても新たに定点を追加した。
研究分担水産研究部 海域環境G
予算区分府単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030257161
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat