過冷却促進技術を用いた青果物の長期鮮度保持技術の確立

過冷却促進技術を用いた青果物の長期鮮度保持技術の確立

県名兵庫県
研究機関名兵庫県立農林水産技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H29~R2
年度2018
概要目的:イチジクにおいて収穫前果実に過冷却促進物質を散布し、果実の抗過冷却活性および凍結温度の低下メカニズムを解明する。さらに、過冷却状態での保存を可能とすることで、青果物の低温長期鮮度保持技術を確立する。
研究分担北部農業技術センター農業・加工流通部
農業技術センター農産園芸部
予算区分受託
(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030257203
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat