寸法安定化技術を活用した奈良県産スギ材・ヒノキ材の用途開発

寸法安定化技術を活用した奈良県産スギ材・ヒノキ材の用途開発

県名奈良県
研究機関名奈良県森林技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新(H31~H33)
年度2018
概要○目的:木材を利用する上では、吸放湿によって生じる反り、狂い、割れ等が大きな欠点となっている。そこで、奈良県産スギ材及びヒノキ材に対して薬剤処理を行い、床暖房対応フローリング等、高い寸法安定化を要求される新たな用途開発を行う。
○計画:①優れた寸法安定性が付与できる薬剤およびその組み合わせや、処理条件を検討する。②①で得られた処理材について、製品の用途に応じて、必要とされる性能(反り、狂い、割れ、腐れ等)を評価、確認する。
○期待される効果:県産スギ材を対象に、床暖房に対応したフローリング材料や、寸法安定性の付与によって、新たな用途が開発・製造されれば、奈良県産材の利用拡大が期待される。
○成果の受渡:建材メーカー、木材関連企業
研究分担木材利用課
予算区分国補(林野庁)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030257372
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat