黒色部を含む県産スギ材の市場価値向上に向けた材質評価

黒色部を含む県産スギ材の市場価値向上に向けた材質評価

県名奈良県
研究機関名奈良県森林技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新(H31~32)
年度2018
概要目的:心材色が黒あるいは黒の縞を有する材は、優良材より抗菌成分や抗蟻成分を多く含む可能性があり、科学的データから、優良材と異なる用途を提案し、市場価値の向上につなげる。
○計画:材色の優良なスギ心材(赤心材)と、劣っているスギ心材(黒心材)、及び辺材を対象に各種試験を行い、結果を比較することで、材色の劣っているスギ材の特徴の把握を行う。
○期待される効果:材色が劣るために低価格でしか取引されていないスギ材に対して、長所を見い出すことで、それに合う用途や活用方法を検討する一助となる。
○成果の受渡:工務店、木材関連企業
研究分担木材利用課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030257376
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat