ナシの気候変動に対する適応技術の確立

ナシの気候変動に対する適応技術の確立

県名鳥取県
研究機関名鳥取県園芸試験場
課題種別試験研究課題
研究期間
H26~30
年度2018
概要目的:‘王秋’のコルク状障害発生の原因と対策を検討する。
成果:これまでの試験で果肉障害低減に効果が認められた①早期粗摘果、②着果量8果/m、③樹上散水、④土壌深耕の4つの技術を複合して処理したところ、高い発生低減効果が認められた。
研究分担果樹研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030257495
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat