未利用海藻増産試験(海の葉っぱビジネス創出活動PartⅡ)

未利用海藻増産試験(海の葉っぱビジネス創出活動PartⅡ)

県名鳥取県
研究機関名鳥取県栽培漁業センター
課題種別試験研究課題
研究期間27~32年度
年度2018
概要(目的)
 未利用海藻ほりおこし調査(H24-26年度)によって発掘したアカモク、フサイワズタ、ハバノリ類などの未利用海藻の更なる利用拡大を図るとともに、差安定供給に関する研究や技術開発の他、さらなる未利用海藻の開拓を行う。
(成果)
・アカモク、ホンダワラについては母藻を岩盤清掃した漁場に設置する方法(スポアバッグ法)により効果的な漁場造成ができることがわかった。
・県内のアカモク生産量(一次加工品)は年々増加しており、加工処理等で地元での新たな雇用の創出に繋がっている。
・セイヨウハバノリの人口種苗による港内養殖の可能性が明らかとなった。
研究分担養殖・
漁場環境室
予算区分単県
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030257563
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat