シカ被害軽減に向けた防除技術の研究

シカ被害軽減に向けた防除技術の研究

県名岡山県
研究機関名岡山県農林水産総合センター 森林研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H29~R1
年度2018
概要目的:県内のシカの生息状況を把握するとともに、防護柵の管理技術の確立、多頭捕獲が可能な捕獲柵の開発を行う。
成果:①H29年度末における県内の生息数は約8万7千頭と推測された。②防護柵の管理状況を確認したところ、すべての柵で損傷が発生しており、下刈り時の誤伐等の人為的な原因が多数であった。
研究分担林業研究室
予算区分県単
業績(1)防鹿柵の効果的な維持管理方法の検討
(2)林内に設置された防護柵の管理状況
(3)シカによる森林被害の対策に関する研究
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030257764
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat