マツタケの省力栽培技術の開発

マツタケの省力栽培技術の開発

県名岡山県
研究機関名岡山県農林水産総合センター 森林研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H28~H30
年度2018
概要目的:マツタケ生産者の高齢化が進行し、下草や腐植層の除去など、従来の環境整備施業の実施が困難になったため、省力栽培技術を確立する。
成果:フレコンバックを活用し、ミニアカマツ林を造成したところ、順調に生育している。②マツタケ菌の培地にグリコーゲンを添加したところ、デンプンが存在する条件下で、糖化酵素が活性化し菌糸成長も促進された。
研究分担林業研究室
予算区分県単
業績(1)グリコーゲン添加培地におけるマツタケ菌糸の成長
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030257765
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat