売れる麦を核とする中山間水田輪作体系における収益力強化と省力化の実証

売れる麦を核とする中山間水田輪作体系における収益力強化と省力化の実証

県名広島県
研究機関名広島県立総合技術研究所 農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~31
年度2018
概要中国中山間地域の持続的水田営農を実現するため,収益力強化を目的に,現地法人において密播疎植栽培の特別栽培米向け安定生産技術の実証,密播疎植栽培の標高別品種別安定生産技術の実証を行た結果,密播疎植栽培は慣行栽培と同等であった。
研究分担栽培技術研究部
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)特別栽培米「あきろまん」の密播疎植栽培における玄米品質および食味への影響
(2)水稲の高密度育苗における育苗培土が苗質に及ぼす影響
(3)実肥施用がコムギ「キヌヒメ」の子実蛋白質とスポンジケーキ特性に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030257815
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat