小規模未改修ため池の管理省力化技術の確立

小規模未改修ため池の管理省力化技術の確立

県名山口県
研究機関名山口県農林総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H28~H30
年度2018
概要目的:貯水位の遠隔監視や排水制御を行う安価なシステムを開発するため、現地実証用の機器製作に必要な遠隔監視手法の構造及び仕様を策定する。
成果等:現地実証用の機器を県内ため池に設置し、問題点・改善点を検証した。実証用機器の観測水位と現地設置の水位計による測定水位の差は認められなかった。遠隔監視機器の設置や維持管理費費用等に課題はあるが、ため池水位の情報共有等、地域防災活動に活用できる。
研究分担経営高度化研究室
予算区分都道府県単
業績(1)小規模未回収ため池の管理省力化技術~ため池遠隔監視、自動排水システム~
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030257872
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat