水田作及び畑作における収益力向上のための技術開発(大豆の多収阻害要因対策技術の開発)

水田作及び畑作における収益力向上のための技術開発(大豆の多収阻害要因対策技術の開発)

県名山口県
研究機関名山口県農林総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~H31
年度2018
概要目的:大豆の収量阻害要因であるカメムシ類について、発生種や害虫密度、収量等の関係を解析し、被害リスク推定技術を開発する。
成果等:誘引剤やLEDトラップを活用したカメムシ類の発生種や密度を推定する手法などについて、検証した。
研究分担農業技術部資源循環研究室
予算区分受託(農林水産省)
業績(1)クレオメをおとり植物として防除した場合のダイズのカメムシ類の防除効果(第2報)
(2)クレオメをおとり植物として防除した場合のダイズのカメムシ類の防除効果
(3)ポット試験によるダイズカメムシ類の防除時期の決定試験
(4)コガネムシ類を抑えたアオクサカメムシ、ミナミアオカメムシのLED光源の探索2
(5)ポット試験によるダイズカメムシ類の防除時期の決定試験
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030257909
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat