効果的なオリーブ飼料の給与技術(①濃度、②給与期間)の検討。

効果的なオリーブ飼料の給与技術(①濃度、②給与期間)の検討。

県名香川県
研究機関名香川県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H29~H30
年度2018
概要① オリーブ飼料の添加濃度を0.25%及び0.5%の飼料を39日間給与試験を実施し、肉質検査を実施した。結果、肉色に変化がみられた。
② オリーブ飼料の添加濃度を0.5%、給与期間を15日及び32日で給与試験を実施し、肉質検査を実施した。理化学的肉質検査の中で伸展率に変化がみられた。
試験①②ともオリーブ給与量を減らす試験を実施したが、良好な試験結果が得られなかったので、普及には至っていない。
研究分担養豚
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030258268
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat