とうもろこし安定多収栽培技術確立試験

とうもろこし安定多収栽培技術確立試験

県名愛媛県
研究機関名愛媛県農林水産研究所畜産研究センター(養鶏研究所含む)
課題種別試験研究課題
研究期間新H31
  ~R4
年度2018
概要とうもろこしは自給飼料の中で最も栄養収量が高いことから、県内でも2期作栽培面積は増加傾向にあるが十分な収量が確保できていない。このため最適な品種の組み合わせを解明し、さらに2期作目栽培期間に台風襲来があっても安定した収量が確保できる耐倒伏性の高い栽培技術の開発に取り組む。
研究分担生産技術室
(旧経営室)
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030258364
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat