1 麦類新品種の育成 6)オオムギ縞萎縮病抵抗性育種の基礎構築

1 麦類新品種の育成 6)オオムギ縞萎縮病抵抗性育種の基礎構築

県名福岡県
研究機関名福岡県農林業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H30~R2
年度2018
概要目的:オオムギ縞萎縮ウイルスと抵抗性遺伝子との相互関係解明や遺伝情報を基にしたウイルスの分類、人工接種法の導入を行い、オオムギ縞萎縮病抵抗性育種に資する知見を獲得する。
成果:大麦縞萎縮病検定圃場における感受性品種と抵抗性品種を収集し、農研機構での遺伝子発現分析に供試した。
研究分担農産部
予算区分受託
(農林水産省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030258545
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat