2 カンキツの栽培技術開発 2)早生温州ミカンのマルドリ方式栽培における高品質果実安定生産

2 カンキツの栽培技術開発 2)早生温州ミカンのマルドリ方式栽培における高品質果実安定生産

県名福岡県
研究機関名福岡県農林業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完28~30
年度2018
概要目的:「北原早生」のβークリプトキサンチンを豊富に含む高品質果実の生産により、有利販売を図る。
成果:マルドリ方式栽培は果実糖度、βークリプトキサンチン含量が高くなり、特に根域制限をした場合にその傾向が著しかった。また、8月上旬のGP処理により浮皮が減少した。
研究分担果樹部
予算区分受託(農林水産省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030258557
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat