福岡県におけるセンダン施業モデルの確立と新たな早生広葉樹の探索

福岡県におけるセンダン施業モデルの確立と新たな早生広葉樹の探索

県名福岡県
研究機関名福岡県農林業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H31~R5
年度2018
概要センダンは成長が早く家具材としての需要も高いことより県内でも植栽が行われ始めているが、立地による成長差については情報が少なく、皆伐跡地への一斉造林については検討が必要である。
本研究ではセンダンの立地別成長試験を行い、皆伐跡地等において短伐期施業が可能な立地条件を明らかにし、センダンの施業モデルを確立する。
研究分担森林林業部
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030258588
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat