2 カキの鮮度保持・加工技術の開発 1)「秋王」のブランド化を支援するための品質保持技術の確立

2 カキの鮮度保持・加工技術の開発 1)「秋王」のブランド化を支援するための品質保持技術の確立

県名福岡県
研究機関名福岡県農林業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H28~30
年度2018
概要・「秋王」をフィルムで個包装して貯蔵すると、2か月後まで品質低下を抑制できた。
・カットした「秋王」を添加物うぃ含む水溶液で処理し、包装することにより、 4日後まで果肉の褐変および硬度の低下を抑制できた。
研究分担流通・加工部 鮮度保持・加工チーム
予算区分都道府県単
業績(1)貯蔵温度が‘秋王’の呼吸速度および品質に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030258589
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat