促成トマトにおける革新的技術を組み合わせた総合防除体系の確立

促成トマトにおける革新的技術を組み合わせた総合防除体系の確立

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H29~H30
年度2018
概要目的:促成トマトのTYLCV媒介虫タバココナジラミおよび青枯病に対して革新的な新規防除資材(忌避剤、天敵、物理的資材、還元消毒資材等)が開発されたことから、これらを組み込んだ総合防除体系を確立する。
成果:タバココナジラミ低密度時から新規忌避剤を用いることで本虫の密度を慣行防除より抑えることが可能であった。また、新規資材を用いた土壌還元消毒のトマト青枯病に対する効果を実証し、防除体系マニュアルを作成した。
研究分担生産環境研究所 病害虫研究室
予算区分受託(内閣府)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030258978
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat