放牧牛と草地の省力管理技術の開発

放牧牛と草地の省力管理技術の開発

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間№56組替
H24~H32
H28~30
年度2018
概要目的:リモートセンシング等を活用した収量予測等の草地管理技術を開発する。
計画:ラジコンヘリと衛星からの画像情報を用いた草地管理の効率化
成果:熊本地震後の阿蘇地域牧野の崩落・亀裂箇所についてUAVを用いた把握が可能であり、航空レーザー計測と同等以上の結果が得られた。
研究分担草地畜産研究所
予算区分単県
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030259002
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat