播種適期の拡大と排水対策による麦類 の収量安定生産技術の確立

播種適期の拡大と排水対策による麦類 の収量安定生産技術の確立

県名大分県
研究機関名大分県農林水産研究指導センター
課題種別試験研究課題
研究期間新30-32
年度2018
概要目的:これまでの播種適期を見直し、11月上中旬から播種が可能な肥培管理法を確立し、労力分散を図る必要がある。また、早期に播種作業を実施できるようにするため、圃場条件や所有機械に応じた乾田化の方法を確立する。
研究分担水田農業チーム
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030259097
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat