食肉脂質測定装置を用いた豚肉脂質測定システムの開発と豚肉脂肪中のオレイン酸含有率向上技術の確立

食肉脂質測定装置を用いた豚肉脂質測定システムの開発と豚肉脂肪中のオレイン酸含有率向上技術の確立

県名大分県
研究機関名大分県農林水産研究指導センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H28~30
年度2018
概要目的:県産豚肉のオレイン酸含量による差別化のため、食肉脂質測定装置の検量線の開発と豚肉脂肪中のオレイン酸含量を高める飼養技術の確立を図る。               結果:①近赤外線による食肉脂質測定装置用の豚オレイン酸検量線を開発した。②農家間の平均オレイン酸値の差の要因を飼養環境から検討することで、豚肉中オレイン酸値を向上させる可能性が示唆された。
研究分担豚・鶏チーム
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030259129
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat