1)農産物の付加価値を高める加工技術の研究・開発 ○ 機能成分等を生かした高次加工技術の研究・開発 1)-4 過熱水蒸気によるでん粉の湿熱処理技術

1)農産物の付加価値を高める加工技術の研究・開発 ○ 機能成分等を生かした高次加工技術の研究・開発 1)-4 過熱水蒸気によるでん粉の湿熱処理技術

県名鹿児島県
研究機関名鹿児島県大隅加工技術研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間H27-H30
年度2018
概要過熱水蒸気処理したサツマイモでん粉及び他の植物由来でん粉について,でん粉糊液及びでん粉ゲルの特性を調査した結果,サツマイモでん粉は過熱水蒸気による改質効果が大きく,化学処理を行わない湿熱処理でん粉として優位性があることを明らかにした。また,処理温度と処理時間については,120℃の低温では処理時間が改質効果に及ぼす影響が小さく,150及び200℃といった高温では短時間でも改質効果に大きく影響することを明らかにした。
研究分担大隅加工技術研究センター
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030259589
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat