2)農産物の付加価値を高める高品質殺菌技術の研究・開発 ○ 加工適性に応じた野菜等の迅速分析体制の確立 2)-4 糖度等の非破壊評価による迅速分析  ②パッションフルーツのBrix値および酸度の非破壊評価

2)農産物の付加価値を高める高品質殺菌技術の研究・開発 ○ 加工適性に応じた野菜等の迅速分析体制の確立 2)-4 糖度等の非破壊評価による迅速分析  ②パッションフルーツのBrix値および酸度の非破壊評価

県名鹿児島県
研究機関名鹿児島県大隅加工技術研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間H30
年度2018
概要近赤外分光法によるパッションフルーツのBrix値および酸度の測定は可能と思われたが,測定精度は十分でなかった。その原因は,果実内部の情報が十分スペクトルに反映されなかったためと考えられた。今後,スペクトル測定に透過法を用いる必要がある。
研究分担大隅加工技術研究センター
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030259600
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat