3)農産物の付加価値を高める流通貯蔵技術の研究・開発 3)-2 ガス環境制御等による鮮度保持期間延長技術 異なる温度帯におけるトマトに対する短期CA貯蔵が果皮色等品質に及ぼす影響

3)農産物の付加価値を高める流通貯蔵技術の研究・開発 3)-2 ガス環境制御等による鮮度保持期間延長技術 異なる温度帯におけるトマトに対する短期CA貯蔵が果皮色等品質に及ぼす影響

県名鹿児島県
研究機関名鹿児島県大隅加工技術研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間H27-H30
年度2018
概要果皮色の赤色(a*値)は,20℃,10℃および5℃温度帯でCA貯蔵(酸素5%)することで,供試品種の標準状態(20℃酸素21%)と考えられる値を大きく上回ることはなかった。しかし,20℃,10℃および5℃温度帯では,10℃で最もa*値が高くなったため,その要因について検討することが必要と考えられた。
研究分担大隅加工技術研究センター
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030259604
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat