沖縄県産業振興重点研究推進事業 うちなー作物の要素欠乏・過剰症診断技術の開発

沖縄県産業振興重点研究推進事業 うちなー作物の要素欠乏・過剰症診断技術の開発

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H30~33
年度2018
概要目的:農業生産現場では、作物の要素欠乏・過剰症や病害等紛らわしい症状が多く、農業者や普及指導員等の指導者はその判断に苦慮している状況にあり、肉眼観察による簡易迅速な診断法を確立する。
成果:簡易水耕栽培によりオクラ、トルコギキョウ、トウガン、ピーマンの要素欠乏・過剰症の特徴を把握し、オクラ、トウガン、ピーマンについては写真による症例集を作成した。また、オクラとトウガンは3土壌での土耕栽培により土壌型での養分量の違いを調査した。
研究分担土壌環境班
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030259687
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat