さとうきび増産体制構築推進事業 シロスジオサゾウムシの誘引源探索

さとうきび増産体制構築推進事業 シロスジオサゾウムシの誘引源探索

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H29-31
年度2018
概要目的:現在使用しているサトウキビトラップはサトウキビ茎を使用するため、限られた期間しか作製できないうえ、準備に手間がかかる。このためトラップ改良を検討するため、誘引源にサトウキビの搾汁液を使用して誘引できるかどうか検討した。
成果:搾汁液は凍結保存したものと搾ってすぐ使用したものでは誘引力に差は無かったが、サトウキビ茎に比べると誘引力が弱かった。
研究分担病虫管理技術開発班
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030259697
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat