移動及び運搬作業を無人化する農業用自律走行ロボットの開発

移動及び運搬作業を無人化する農業用自律走行ロボットの開発

県名静岡県
研究機関名静岡県農林技術研究所果樹研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H29~R1
年度2019
概要目的:当センターで開発した果樹園での作業者追従自動運搬ロボット等について、最適な運用となる走行制御技術、樹園地管理技術を開発する。
成果:走破性改善のため四輪独立駆動の走行体を試作し、走行試験を行なった結果、200kgの積載状態で20度の傾斜ほ場を走行可能であった。
また、側域センサとGPSを利用することで自律走行が可能であることが示唆された。
研究分担果樹生産技術科
予算区分県単
業績(1)果樹園向け運搬作業補助ロボットの開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030263775
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat