シカ個体数削減過程で生じる捕獲効率低下の抑制に関する研究

シカ個体数削減過程で生じる捕獲効率低下の抑制に関する研究

県名静岡県
研究機関名静岡県農林技術研究所森林・林業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~R2
年度2019
概要目的:シカ個体数削減過程で起こる密度低下、捕獲困難地などによる捕獲効率低下に対して、誘引による捕獲の高効率化、捕獲作業効率低下要因の軽減といった対策を研究する。
成果:アルファーヘイキューブによるシカ誘因効果、GPG首輪の自動装着によるシカの行動解析、シカの死亡個体放置の影響を検証した。
研究分担森林育成科
予算区分県単
国庫委託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030263795
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat