大型ブランドニジマスの遺伝育種と供給体制の強化 Ⅰ遺伝育種によるベジタリアンニジマスの作出 Ⅱ ブランドニジマス「紅富士」供給体制の強化    

大型ブランドニジマスの遺伝育種と供給体制の強化 Ⅰ遺伝育種によるベジタリアンニジマスの作出 Ⅱ ブランドニジマス「紅富士」供給体制の強化    

県名静岡県
研究機関名静岡県水産・海洋技術研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H29-R1
年度2019
概要 新しい品種の開発による低コスト化を図るとともに、個別の養殖業者による生産から効率的な生産を実現させる養殖業者の連携生産へ供給体制の強化を図り、ニジマス産業の構造を改革する。
Ⅰ 低魚粉飼料適応、高成長や抗病性といった優良形質を示す遺伝子マーカーを特定する。優良形質を示す遺伝子マーカーを全て持った、“スーパー親魚”(♂♀)を選抜・交配し、新品種を作出、試験配布する。
Ⅱ 紅富士の需要増加に応えるため、供給体制の強化を図る。低魚粉飼料を給餌したニジマスにおけるDHAやEPA等の魚体内分布を把握し、必要に応じてその強化を図る。魚を沈静化して外傷を与えないようにした上で、高密度かつ省力化した運搬技術を開発する。養殖場ごとの特性(水温、水質、池の広さや深さ、労働力、魚病発生状況など)を把握し、業者間連携(分業化)により生産効率の向上を図る。
研究分担富士養鱒場・開発加工科・深層水科
予算区分都道府県単
業績(1)大型ブランドニジマスの遺伝育種と供給体制の強化
(2)ブランドニジマス「紅富士」供給体制の強化
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030263854
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat