低コスト高温対策技術の開発と適応品目の拡大

低コスト高温対策技術の開発と適応品目の拡大

県名岐阜県
研究機関名岐阜県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H27~31
年度2019
概要目的:夏期昼間の気化冷却法について、低コストで高機能化した実用性の高い細霧冷房システムを開発する。。
成果:低コスト微粒ミスト製品を選定すると共に、強制換気下で濡れなく冷房可能な相対湿度・日射量等の運転条件を明確にした。倍水量ノズルの利用と設置条件の数の最適化により、ドライミストと同等の降温・加湿機能を持ちながら、設備費の50%程度削減を可能とした。

研究分担花き部
予算区分受託(農林水産省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030263871
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat