カキの次世代省力型の樹形と安定生産技術の開発

カキの次世代省力型の樹形と安定生産技術の開発

県名岐阜県
研究機関名岐阜県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~32
年度2019
概要目的:現状の樹形より更に低樹高で作業の省力化・単純化を図ることができる樹形について検討する。
成果:樹体ジョイント、一文字整枝、盛土式根圏制御栽培は、着果部位が低くなり作業性の改善が認められた。
研究分担果樹・農産物利用部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030263883
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat