飛騨ブランド「ひだほまれ・たかやまもち」の生育環境変化を踏まえた高品質生産体系の確立

飛騨ブランド「ひだほまれ・たかやまもち」の生育環境変化を踏まえた高品質生産体系の確立

県名岐阜県
研究機関名岐阜県中山間農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H29~R1
年度2019
概要目的:地域ブランドの糯米「たかやまもち」、酒米「ひだほまれ」の継続的な安定生産に向けて、今後の気象変化にも対応する新たな作型と施肥体系を検討する。
成果:「ひだほまれ」について全量基肥施肥を行うことで心白率、心白発現率が低下し増収することを明らかにした。また、「たかやまもち」について穂肥の後退によりやや外観品質の低下がみられることを明らかにした。
研究分担作物・果樹部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030263908
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat