岐阜県産米を利用した新しいブランド品目の開発

岐阜県産米を利用した新しいブランド品目の開発

県名岐阜県
研究機関名岐阜県中山間農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H29~R3
年度2019
概要目的:近年、酒造好適米品種は日本酒の輸出や特定名称酒の増加をうけて地域内オリジナル品種が求められていることから、美濃地域での栽培に適する品種、大吟醸酒に適する品種を育成する。
成果:当研究所本所で過去に育成した優良系統の美濃地域における特性を明らかにするとともに、その系統集団の中から、美濃地域で品質の優れる有望個体を選抜した。また、大吟醸酒用の品種育成に向け交配を開始した。
研究分担中津川支所
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030263909
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat