夏期冷涼な気候を生かした果樹産地における地球温暖化対策技術

夏期冷涼な気候を生かした果樹産地における地球温暖化対策技術

県名岐阜県
研究機関名岐阜県中山間農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H30~R3
年度2019
概要目的:温暖化により多発が予測されるリンゴの日焼け果及びモモの果肉障害を回避するための対応技術を開発する。
成果:モモではミツ症の発生しやすい部位、条件を明らかにした。また、酸化チタン加工した二重袋による発生軽減効果を明らかにした。リンゴでは、日焼け果対策として遮光、石灰資材の散布効果を明らかにした。
研究分担作物・果樹部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030263918
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat