黒毛和種肥育牛における岐阜県版飼料用米給与技術の確立

黒毛和種肥育牛における岐阜県版飼料用米給与技術の確立

県名岐阜県
研究機関名岐阜県畜産研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~R1
年度2019
概要目的:黒毛和種肥育牛への飼料用米給与が、牛の発育、肉質、牛肉の生産性及び美味しさに与える影響を解明するとともに、生産費を低減する効果を現場実証し、肥育牛への飼料用米利用の普及を進める。
成果:粉砕籾米を給与した試験区において、1日当たりの飼料摂取量が多く、枝肉形質はいずれの項目も良好、オレイン酸含量も高い傾向にあった。また飼料費に関して試験区で低減できることが確認された。また、食味官能評価試験を実施したが、試験区と対照区で有意差はなかった。さらに、県内2農家で粉砕玄米を肥育中期~後期にかけて給与する現場実証試験を実施したところ、飼料用米を給与した牛群が慣行肥育の牛群と比較し健康状況、増体において差が認められなかった。
研究分担飛騨牛研究部
予算区分県単
業績(1)黒毛和種肥育牛における飼料用米給与技術の検証
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030263926
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat