高能力な肉用奥美濃古地鶏原種鶏群の維持・改良に関する研究

高能力な肉用奥美濃古地鶏原種鶏群の維持・改良に関する研究

県名岐阜県
研究機関名岐阜県畜産研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~R1
年度2019
概要目的:肉用奥美濃古地鶏の産肉能力の改良、飼育方法の改善、肉質の向上により差別化を強化して、更なるブランドの確立を図るとともに、近交退化が危惧される雄系原種鶏の代替となりうる新しい雄の系統鶏を再開発する。
成果:種鶏のさらなる向上を目指して育種改良を行い、併せてコマーシャル鶏の飼育試験を行い、飼育マニュアルを充実させた。国内の純粋鶏種を活用し、地鶏の日本農林規格を満たしつつ、現在の肉質と同等またはそれ以上の肉質で、生産性が維持できる雄系を作出する。
研究分担養豚養鶏研究部(関試験地)
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030263948
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat