農薬を使わないキノコバエ類の防除技術の開発

農薬を使わないキノコバエ類の防除技術の開発

県名岐阜県
研究機関名岐阜県森林研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継30~R2
年度2019
概要目的:シイタケ生産において問題となっているキノコバエを防除するために、青色光を利用し、農薬を使わない新しい防除技術を開発する。
成果: 375~490nmの青色光を光強度を変えて24時間照射し、その後の死亡率を調査した。その結果、375nmの波長の光で高い殺虫効果が認められたが、その他の波長では光強度を高めても殺虫効果は低かった。今後は、菌床上での殺虫効果について検討する。
研究分担森林環境部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030263975
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat