山地災害リスクを低減する技術の開発

山地災害リスクを低減する技術の開発

県名岐阜県
研究機関名岐阜県森林研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~R2
年度2019
概要目的:従来よりも高精度に林地の災害危険度を評価する手法を開発するとともに、山地災害リスクを考慮した新たな森林計画支援技術を開発する。
成果:作業道の路線計画時に傾斜区分図等を用いて災害リスクを事前にチェックする仕組みを導入するとともに、適正にチェックするための研修会を開催し、成果の普及を行った。また、人家などの保全対象への影響リスクと作業道の損壊リスクを指標とした、作業道災害リスク評価参考図を作成し、県の作業道担当へ提供した。
研究分担森林資源部
予算区分受託(森林総研)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030263976
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat