希少水生生物増殖技術開発試験(親魚成熟産卵試験,稚魚飼育試験)

希少水生生物増殖技術開発試験(親魚成熟産卵試験,稚魚飼育試験)

県名愛知県
研究機関名愛知県森林・林業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H18~
年度2019
概要目的:国の天然記念物にも指定されている淡水魚のネコギギは,近年,河川改修や水質汚濁等により生息環境が悪化して,個体数は激減している。そこで天然分布域で採捕した成魚を用い,産卵条件,卵及び稚仔魚の管理方法について検討し,種苗生産技術を開発する。

成果:養成親魚を用いた人工授精試験を4回実施した。凍結精子を用いた区では平均ふ化率は14.4%(1~29%)、新鮮精子を用いた対照区では45.2%(41~47%)であった。凍結前の精子懸濁液の希釈率について検討をした。
研究分担冷水魚養殖G
予算区分受託(国土交通省)
業績(1)ネコギギ精子凍結保存試験
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264149
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat