AIやI o Tによる、人材育成も可能なスマート獣害対策の技術開発と、多様なモデル地区による地域への適合性実証研究

AIやI o Tによる、人材育成も可能なスマート獣害対策の技術開発と、多様なモデル地区による地域への適合性実証研究

県名三重県
研究機関名三重県農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新R1~3
年度2019
概要獣害対策として設置されている金属柵(フェンスや金網)は物理的に野生生物の侵入を防ぐものだが劣化や野生動物の進入圧により、防護柵下部の破損が増加し、防護効果が低下する。そこで、長距離の金属柵を安価かつ省力的に機能強化できる資材を提案する。
研究分担地域連携研究課
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264191
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat