ECO畜産物供給体制構築事業

ECO畜産物供給体制構築事業

県名三重県
研究機関名三重県畜産研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H29~R1
年度2019
概要県内の食品系廃棄物や飼料用米等を主とした「地域資源」の利活用を図る。
県関連機関、畜産農家、廃棄物処理業者等を含めた研究会を設立し、食品系廃棄物を中心に地域資源の飼料化技術を開発し、特色のある畜産物の生産を目指す。
研究分担中小家畜研究課
予算区分県単
業績(1)ビール粕の飼料化に関する研究(適正給与割合の推定)
(2)ビール粕の飼料化に関する研究(去勢豚試験)
(3)機能性成分向上による地鶏肉の高付加化価値生産技術の構築 (イミダゾールジペプチド含量の比較調査)
(4)機能性成分向上による地鶏肉の高付加化価値生産技術の構築(鰹節粉飼料の給与)
(5)エコフィード(バナナ粉末)給与が肉用鶏の生産性と肉質に及ぼす影響
(6)エコフィード(バナナ粉末)給与が採卵鶏の産卵成績と卵質に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264229
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat