アサリ漁業復活のための大規模漁場整備・維持管理手法の開発

アサリ漁業復活のための大規模漁場整備・維持管理手法の開発

県名三重県
研究機関名三重県水産研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H30~R2
年度2019
概要【目的】砕石覆砂を活用した大規模な漁場整備技術を確立するとともに、アサリの生残・成長が良好な漁場の維持管理手法の開発に取り組む。
【目的】砕石覆砂の活用によりアサリの生残に対する波浪の影響を低減できたが、その効果や砕石の残存状況は、海域や造成規模によって異なった。海域間の相違は、強波浪と貧酸素水塊の影響の差によるものと推測された。
研究分担鈴鹿水産研究室
予算区分受託(水産庁)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264253
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat