資源評価調査事業

資源評価調査事業

県名三重県
研究機関名三重県水産研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H12~
年度2019
概要【目的】漁獲統計資料の解析、生物測定、調査船調査の結果により、イワシ類・アジ・サバ類・ブリ・マダイ・スルメイカ・トラフグ等の資源量を評価し、漁獲可能量(漁獲割当量)算出の基礎資料を収集する。
【成果】イワシ類、サバ類、マアジ、ブリ、トラフグ、スルメイカ、マアナゴ、シャコ等の特定海洋生物資源の資源評価を行い、持続的生産を行うための漁獲可能量を推定し、漁業者に提示した。また、資源評価の精度向上を図るため、これら資源の生態的特徴を調査した。
研究分担資源管理・海洋研究課
予算区分受託(水産庁)
業績(1)三重県におけるブリ0歳魚の出現とその後の漁獲
(2)増えた資源と減った資源 ~構成種の変化?~
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264256
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat