「環境こだわり農業」の深化を支える水稲減農薬防除技術の確立

「環境こだわり農業」の深化を支える水稲減農薬防除技術の確立

県名滋賀県
研究機関名滋賀県農業技術振興センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H30~R2
年度2019
概要目的:いもち病抵抗性遺伝子導入系統の発病抑制効果を現地実証する。また、斑点米カメムシ類防除薬剤を再検討するとともに、雑草地評価に基づいて斑点米発生リスクを分析する。
成果:いもち病抵抗性遺伝子導入系統を用いた現地実証では、いもち病に対する育苗箱施薬剤や本田剤の使用削減の可能性が示唆された。殺虫剤試験では、カメムシの種によって供試剤への感受性低下が認められた。また、イタリアンライグラスは斑点米発生リスクを高めた。
研究分担環境研究部病害虫管理係
予算区分県単
業績(1)滋賀県における斑点米カメムシ類5種に対する各種薬剤の殺虫効果
(2)アカスジカスミカメにおけるイネ科雑草と稲穂の選好性
(3)「みずかがみ」準同質遺伝子系統「大育3415」によるいもち病防除
(4)カスミカメムシ類等の水田内侵入リスク評価に基づく減農薬防除体系の確立(2)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264288
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat