琵琶湖生態系修復総合対策研究 1.生物多様性モニタリング調査 (1)沖合底魚資源の評価

琵琶湖生態系修復総合対策研究 1.生物多様性モニタリング調査 (1)沖合底魚資源の評価

県名滋賀県
研究機関名滋賀県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H29~R3
年度2019
概要[目的]琵琶湖の沖合底層を主な生息域とするイサザやゴリ(ヨシノボリ類の稚魚)の資源把握・評価のための知見の集積と評価技術の開発を行う。
[成果]イサザやゴリについて産卵から漁獲加入までの各段階において、多層曳ネットや調査用に開発したビームトロール網、小型沖曳網などにより採集調査を行い、資源状況の把握を行った。ゴリの採集調査では昨年に続き多く採捕された。イサザの稚魚採集調査では過去10年を比較すると昨年に続きH26に次ぐ高い値であった。
研究分担生物資源係
予算区分県単
業績(1)琵琶湖北湖におけるハゼ科仔魚の出現動態および分布様式
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264348
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat