アユ資源・漁獲情報発信高度化研究 2.アユ資源動向予測調査研究

アユ資源・漁獲情報発信高度化研究 2.アユ資源動向予測調査研究

県名滋賀県
研究機関名滋賀県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~R2
年度2019
概要[目的]アユ資源動向に対して迅速に増殖・資源管理対策を実施するため、アユ資源の変動を早期に高い精度で予測可能な技術を開発する。
[成果]
科学計量魚群探知機による1~8月の湖中生息尾数の推定と分布状況の把握を行った。推定アユ生息尾数は平成31年1月1.45億尾、2月1.79億尾、3月3.75億尾、4月0.41億尾、令和元年5月1.08億尾、6月1.74億尾、7月1.36億尾、8月0.82億尾と推定された。
研究分担生物資源係
予算区分県単
受託(地方公共団体)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264355
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat