漁況予報調査研究

漁況予報調査研究

県名滋賀県
研究機関名滋賀県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継S26~
年度2019
概要[目的]長期継続して魚群数調査、漁獲状況調査、成育調査、産卵調査、ヒウオ生息量調査等の資源調査を実施し、漁況予報を行う。
[成果]①産卵調査は少雨と残暑により、各河川とも水温が高く水量も少なかったため、総産卵数は53.6億粒(平年比57.8%)となった。②ヒウオ曳調査結果は第1次:52尾(平年比39%)、第2次:70尾(平年比74%)、第3次:20尾(平年比67%)であった。③魚群数調査や生育状況調査は継続実施し、結果を行政や漁業関係者に迅速に提供した。
研究分担生物資源係
予算区分県単
業績(1)琵琶湖産アユの産卵数の長期変化と資源変動
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264363
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat