イチジク新台木研究

イチジク新台木研究

県名大阪府
研究機関名地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H29~R3
年度2019
概要イチジクは早期成園化でき収益性が高いため、全国的に栽培面積が増加している樹種である。その栽培において最も深刻な問題は株枯病である。抵抗性台木の普及も進んでいるが罹病性のため最終的に枯死に到る。このため、より強い抵抗性をもつ台木育成が強く要望されている。そこで、極めて強い抵抗性を有する在来近縁種イヌビワとの種間交雑体(BC1)を利用した株枯病抵抗性台木の新品種を育成し、この要望に早急に応える。
研究分担食と農の研究部 防除G
予算区分受託(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264530
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat